10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖い!!

タロの散歩コースにはやたら吠える犬がいる場所がある。

その犬は鎖で外に繋がれていてる。
家の人にあまり世話して貰えていないのか、毛もボロボロ。
散歩も連れて行ってもらえないのか、いつも苛立っている。
通りかかる人でも犬でも、とにかく凄い勢いで吠えかかる。
でも鎖で繋がれているので、「あーまた吠えてるな」くらいだった。

今日までは!!

今朝散歩でそこを通りかかると、その犬はやたら道路に近いところに立っている。
おかしい。
鎖はどうした!鎖は!!

きっ、切れている!! ※@¥:”#$・・・・・

まずい、まずい、まずいぞ~~


その犬は躊躇することなく、タロに襲いかかってきた。
その犬は柴犬くらいの大きさで、柴犬よりは細くてキツネのようなMIX。

ガウガウガウ~~~!!!!

ああ~~~、どうしよう・・・
怖い・・・


その時通りかかった車が、クラクションを沢山鳴らしてその犬を蹴散らしてくれました。
でもその犬は繋がれていない状態なので、
早足で、早足で、走らずに早足で、タロを引っ張って離れました。

ドキドキドキ・・・

もう追ってこないかな・・・

後を振り向くと、その犬はいません。

助けてくれた車はまだその場所にいて見守ってくれていました。

ああ、ありがとう!
お礼も言う余裕もなかったけど、助かりました!!

なんとか家に着いたものの、どうにも興奮は治まらず。
タロは噛まれたところにその犬の臭いがついているので、やたら気にしている。
不幸中の幸いが、噛もうと思っても毛の厚いタロの肉には噛みつけなかったこと。
毛むくじゃらのおデブはこんな時は有利だった!!

私もショックで茫然自失。
やっぱり犬って怖い。
改めで実感した。
そして、その場で怖くて身体が動かなかった・・・
情けない。
まったく情けない。
タロを守ってあげられなかった。
私が犬を怖くなかったら、相手の犬を蹴飛ばすとか出来たのかもしれない。
でも、身体が動かなかった。
「こらあ!来るな!!」としか叫べなかった。

そうだ、まだ危険なままだった。
このままじゃいけない!
あの犬はまだ野放し状態だし。
あそこは小型犬が沢山散歩するコースなんだ・・・
そして、散歩させているのがお年寄りが多いんだ・・・


その家の名前も電話も知らないから、行くしかない!!

今度は車でその家の前まで行った。
犬は相変わらず放れている。
その家の玄関には風除室がある。

よし、風除室に入ってドアさえ閉めてしまえば安心だ。
問題は車から降りて風除室に行くまでだな・・・
怖いな・・・
でもやらなくちゃ。
よし。行くぞ!!

こわごわ降りて、玄関の方に向かうと、その犬が近づいてきた。
私についたタロの匂いを嗅いでいる。
噛むなよ・・・・・・
信じられないことに、大人しく付いて来る。
付いて来る・・・
付いて来るな。付いて来るんじゃない!!

なんとか風除室に到着。

朝の7時前から呼び鈴を押し、事情を説明した。

驚いた住民は慌ててその犬を捕まえて「散歩用のリード」をつけてつなぎ、平謝りだった。

私としてはコレで安心してその道路を通れるようになってよかったんだけど。

「散歩用のリード」新しかったな。
住人は「散歩用のリード」がどこにあるのか、一生懸命捜してたし。
毎日使うものなら、捜さなくたってすぐ出せるだろうに。

ちょっとだけ、その犬に同情してしまった・・・・・





スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

No title

大事に至らなくて良かったですね。(〃´o`)=3
ほんと、他所のわんこ、怖いのいますよね。
車に助けられて良かったです~。
それにしても、ちゃんとそのお宅まで行って
話してくるとは、アンディぽん太さん立派です~。(*^^*)
お年寄りが怪我したり、転んだりしたら大変だものね。
わんこが怪我したら、切ないしね。

シャーロックも、お隣のコーギーちゃんが脱走して
噛んできた事ありましたぁ。(><)
人には良い子なのに、動物には神経質な子で・・・。
ある時は、穴を掘って脱走したメスのゴル3頭が
しっぽふりふりシャーロックを囲み、困ってしまったことも。。
何とか家に帰り、シャーロックを玄関内に置いて戻り
脱走したゴルたちをそのお家の庭の囲いの中に入れました。
その子達、一度も散歩してもらってるとこ見たことなかったです。
早死にしてしまったみたいで、その家、今は違う犬種の大型犬が4頭くらいいます。e-263
通るといつも奥さんのわんこたちへの怒鳴り声。(≧m≦)
別の家では外に繋がれて、毛も刈られてボロボロのゴールデンもいます。
彼らを見るにつけ、本当に悲しくなってしまいます。
大切にしてあげて欲しいです~。大事な家族のはずなのに。

No title

タロちゃんやアンディぽん太さんに何もなくてよかったです。

その飼い主さんには何かいろいろと言いたいことがあるのだけど、一言だけ。

大切にしてあげてほしいです。
家族なんだから。

もしかしたらその犬はただかまってほしかっただけなのかも・・・。

No title

大事にならなくてよかったですね。
アンディぽん太さんじゃなくても、そんな時は怖いですよ。たとえ普段は犬キチのわたしでも。
その犬にはやっぱり少し同情してしまいます。放たれていることすら気付いてもらえないなんて、同じ飼い主としては、ちょっと憤りを感じますね…。
大切に飼ってあげてほしいな。

No title

タロちゃん、たいしたことなくて良かったです。
アンディぽん太さんも、いくら愛するタロちゃんのためでも、
興奮している犬の争いに手を出すのは危険ですよ。
ご自分に何かあったら大変です。
タロちゃんは大きいから抱っこして逃げるというのは難しかったと思いますが、
やっぱりノーリードの危険な犬の前では、その子の飼い主にちゃんとした自覚がない限り、こちらが弱い立場になりますよね。
逃げるしかないです。
その子、ほんと何だかかわいそうですね。
そういう風に飼われている子って、
まだまだペットブームな世の中でもいっぱいいるのでしょうね。
家族なのにな・・。

No title

びっくりしました!
でも、大事にいたらなくて本当によかったです!!
私も同じような経験をしたことがあるので、アンディぽん太さんがどれだけ怖かったよ~くわかります!
私は公園で、首輪はしてるけどリードをしていないわんこに出会って、ディップに対して飛びかかりそうな勢いで唸られたんです。
私が追っ払おうとしても全く効果がなく・・車に乗ってもしばらくついてきたんです(><)
女の子に乗ったりしていたので思いきり発情中の男の子だったみたいなんです。
田舎は割と発情するとうるさいからという理由で、離してしまう飼い主さんがいるんです。
責任を持ってほしいですよね!
同じように、今回のわんちゃんももっと大切にしてあげて欲しいなぁ・・・


No title

アンディぽん太さん、何事もなくてほんとよかったです。
読んでてハラハラしました。
そうなんです、、、いざという時に私も体が動きませんでした。
今回のノエルのガウガウの時にも・・。ほんと駄目な飼い主です。
でもアンディぽん太さんはえらい!ちゃんと行動して、ワンちゃんの野放しを防いだんですもん。
どうやら飼い主さんにも原因がありそうですね。
ちゃんと十分に散歩させてもらっていたら、
手入れしてもらっていたらもっと穏やかなワンちゃんなのかもしれないのに・・・。

No title

怖い思いしましたね~
でも、ワンコがかわいそうだね
飼い主がちゃんと繋がれてるか確認して無いといけないね
最低元のルールって物があるよね
でも、タロちゃんとぽん太さんが無事でよかった~
あと、昨日の「伏せ」のタロちゃん、伏せ過ぎ!!爆笑でした^^



No title

はじめまして♪
やんぴぃさんの所から来て、いつも読み逃げしてました(^^ゞ

私もアンディぽん太さんと同じ経験がありますよ(;O;)
実家の近所の家で、家の裏側だけ行ったり来たり出来るようになってて、いつ誰が通っても吠える犬がいるんです。
パリが4ヶ月位の時のなんですが、いつもの様に散歩してたらそのワンが首輪が緩んだらしくて吠え立てながら傍に寄って来たんですe-350
私は慌ててパリを抱き上げました。
その時はまだ仔犬で抱けるサイズだったから抱き上げたけど、タロちゃんのサイズだと無理ですもんね(;_;)

大声で叫んだら、家の人が出て来て捕獲してくれたんですけど、何の謝罪も無かったですよ(ーー;)
怖かった(ToT)
今の動物保護法で言うと、散歩に行かないのは虐待とみなされるそうです。


それと、一つアドバイスです。
私の通ってる訓練所の所長が言うには『伏せてる犬を犬は襲わない』んだそうです。
それからは、少しでも危ないと思った時には、フセさせるようにしてます。
アンジュは攻撃に転じようとする事があるので、首輪とリードが繋がってる部分を一緒に踏み付けて動けない様にしちゃいます。
タロちゃんがフセが出来るなら、覚えておいて、実践してみて下さい(^^♪
今までにこれで噛まれた事、襲われた事は無く、危険回避には有効みたいです(^^♪

ぶるどねーじゅさんへ

いやぁ、ホント怖い思いしました。車が通らなかったら大変でした。

その辺は小型犬を連れて散歩する老人が結構いて、30分もすると何組も通る場所なんですよ。二匹連れてるお祖母さんもいるしね♪
そして私自身そこをまた通るのが怖かったし・・・
まるで部屋の中でゴキブリを見つけて、怖くてほっといたら見えなくなったから、次はどこから出てくるか分からないという・・そんな不安な気分だったの(笑)
なんかすごい例えになっちゃった・・・

ぶるどねーじゅさんも大変な目にいろいろ遭ってきたんですね。
あ~!コーギー!!
私も昔コーギーに追いかけられて犬嫌いになったの!!
そのコーギーも繋がれっぱなしの犬だったな・・・
やっぱり犬が悪いんじゃなくて、飼い主側に問題がありそう・・・

脱走ゴル達に囲まれるのも大変そう・・・喧嘩にはならなかったのかな?
そのゴル達、散歩も無しで寿命が短くなっちゃうのかな・・
可哀想に・・・

やっぱり犬の世話が出来るかどうか検討してから、飼って欲しいですね。

myumyuさんへ

ホントに怪我をしなくて何よりでした。

その犬、さみしかったのかな。
犬同士の遊び方も知らなかったとか・・・
そうだよね。タロの臭いの付いた私に襲いかかってこなかったモンね。
そこが私も凄く不思議だったのよ。(^^)

かのこさんへ

とりあえず事無きを得てよかったです。
考えてみるとそのワンコ、可哀想ですよね。
車から玄関先までトコトコ付いてきた時は、ホントおとなしい子だったんです。ビックリでした。
これを期に、少しはワンコに目を向けてくれるといいんだけど・・・

sallyさんへ

今回は無事に済んでよかったです。
でもこういう事って、きっとこれからも遭遇すると思うんですよね。どうしたものか・・・
いろいろな話を聞くと、「相手の犬を蹴る」っていう意見がとっても多くて・・・
でも私は怖くてそれもできないし。

こういう事があると改めて無責任な飼い方はしちゃいけないって思います。
きっとこのワンコももっと世話してもらっていれば、大人しいいい子なんじゃないかって思います。

ディップママ さんへ

とってもショックな出来事だったので、早い時間に心の整理のためにもアップしました。
うわぁ、ディップママさんの経験も怖い~!
車が近くにあってよかったですね。とりあえず車に乗ってしまえば安心だし。
ママさんも私も車に助けられたんですね(^^)
それにしてもストレルの溜まった犬は放さないで欲しいですね。
うるさいからって・・・飼い主はその犬を放してもきっと見てないんでしょうね・・

aki さんへ

ほんと怪我をしなくてよかったです。
でもガウガウの時って、やっぱり怖くて動けないよ~
それが仮にタロがよそのワンコにガウガウしたとしてもね。
だからakiさんが動けないのも、とってもよく分かるよ~。

偉いだなんて・・(照れ笑い・・)
わざわざそこの家に行くにはすごっく勇気がいったけど、行ってよかった。
人間だけだと実に大人しい犬だって分かったし。飼い主の前ではとってもしっぽをふって嬉しそうだったし。
飼い主がもうすこし面倒見てあげると、全然違うワンコになりそうな感じだったよ。



トルハ☆さんへ

とっても怖かったよ~

どうやらいつも繋いでいる鎖がさびて切れちゃったみたいなんだよね。
この場所って、8時前後になると抜け道で車がスピード出して通るところなのよ。だからまずは繋いでもらって、みんながよかったんじゃないかな・・・

あとはちゃんと世話をしてくれたらいいんだけどね・・・

あはは~!
溶けてるタロ、お気に召していただいてよかったです(笑)

アンパリママさんへ

はじめまして!
こちらこそ、ちょこちょこ読み逃げさせて貰ってました(^^)

アンパリママさんもこんな経験があるんですね。
パリちゃんが4ヶ月だったら、抱っこも出来ますからね。無事に難を逃れてよかった。
やっぱり飼い主の問題のような気がします。そんなことがあっても何の謝罪もないなんて、悪いと思ってないって事なんでしょうかね・・・

動物法はよくわからないんだけれど、散歩に連れて行かないのが虐待だったら、周りにはそんな家がいっぱいありそうな気がします。
タロの散歩コースには、それこそ庭を囲ってそこに犬を放している家もあるし。
(散歩に連れ出していたら問題ないんでしょうけど)

飼い主には「自分も」そして「ワンコも」幸せになるような努力義務があるんですよね。

アドバイスありがとうございます!
なるほど。「伏せる犬は襲われない」ですね。
実践してみたいと思います。
確かにそれってありかも♪
公園で小型、中型犬が放されていた時に、タロを放すわけに行かなくてリードを持っていたことがあったんだけど、やたら吠えてくる犬の前で伏せさせてたら噛み付いてこなかったって事ありました。
今回の犬とは勢いが違ったけど。

でもその前に怖い場面に遭遇したくないよ~~~!!(^^)




No title

何はともあれ、タロちゃんが大丈夫で、
アンディさんに怪我がなくて、ほんとによかった。
そういうとき、たいていの人は動けないと思うよ。
蹴り飛ばしたりしたら、よけーに犬を興奮させちゃうかもしれないし。
クウくらい小さいと抱っこできるんだけど、タロちゃんじゃそうはいかないもんね。
クウも何度か襲われたことあるけど、こんなあたしでも怖かったです。

でもアンディさんの言うとおり、そのワンコもかわいそうだよね。
お散歩行けないと、ストレスたまるよ。あたりまえだよ。
うちの近所にも犬が吠えると、怒って叩く飼い主がいるけど、
それじゃあ何も伝わらないのにって思う。
いいことは褒めて教えてあげて、ダメなことは強い口調でダメって教える。
あとはしっかりと愛情さえ与えてあげていれば、
ワンコにはそれでちゃんと伝わるのに。
そう思うと、めちゃくちゃ悔しいね。

それにしても朝からゴクロウサマでした。
ちゃんと事情を説明しに行くアンディさん、かっこいいです。
あたしなら、怒鳴り込みかも(笑)

怖いですね(><)

いざという時、怖くて動けないのわかります。
マフィンも前に耳を噛まれて、血が出たことあります(><)
瞬間的にやられたのですが飼い主は謝るどころか
広い公園でその犬をノーリードに!!
近所では「凶暴」で有名なワンコで、知らない人はいないくらい
(人間も襲ったことがあるそうです)
みんな怒ってさんざん注意してるのに・・・
言っても聞かないので、最近はできるだけ連絡網で
初めて見る散歩の人には「あの白い犬に気をつけてください」って言ってます。

勇気をもって言いに行ったアンディぽん太さん、偉いです!
困った飼い主が減って可哀相なワンコが少しでも減ってくれたらいいのにね。。。

やんぴぃさんへ

とりあえずは無事でほんとよかったです。
こんな事があるとこれからどうやって対処したらいいんだろうって悩んじゃいます。

やんぴぃさんも怖かったの!じゃあみんな怖いはずだ・・(笑)って、どんな基準だ!?

そのワンコ、今日見たらまた錆びた鎖で繋がれてました。
そして相変わらず凄い勢いで吠えてたよ。
こんなことがあっても何にも変わらないんだなって思った。
やっぱり飼い主の考え方1つで、ワンコが幸せだったり、そうじゃなかったりするんだね。
なんか切ないな~。周りの人間がどうこう言えるのも限度があるからね。
まずは自分の家のワンコを幸せにしてやろう♪実は幸せにしてもらってるのは私のような気がするけど(^^)

やんぴぃさんにかっこいいなんて言われると、「姉御」になった気分です(^^)
実際3才、年食ってるんだけど(爆



rurita さんへ

ええ~!?
マフィンちゃん、大変な目に遭いましたね。
そんな時ってやっぱり怖くて動けないですね。とっても分かります。

それにしてもひどい飼い主ですね。重大な事故に繋がらなければいいのだけれど・・・

散歩中にいろんな人と話をする機会があるんだけれど、あるおやじさんが自分が飼っていた犬の話を自慢げにしていました。その内容というのが、
「俺の飼っていた犬は秋田犬で闘犬のような気質だ。ある時ノーリードのコリーが襲ってきたので逆に喰い殺したんだ。その飼い主?放してたのが悪いから文句も言えなかったよ。わっはっは!!」
「・・・・・」
どこまで本当の話か分からないけれど、恐ろしい話を実に楽しげにする人でした。
怖くなってそれからはそのおやじさんを避けるようにしています。
世の中にはいろんな考え方の人間がいるんですね。

はじめまして

初めてコメントいたします。

こんにちは。
ドッグオーナーコンサルタントのYUKIと申します。

とても怖い思いをなされましたね。
タロくんも怪我がなくて何よりでした。
それも一生懸命タロ君を守ろうとしたアンディぽん太さんの力だと思います。
そればかりか、他のワンちゃんのことも気遣い、勇気を振り絞って飼い主様のところに伺うのはとてもすごいことだと思います。

悲しいかな。
まだまだそういった飼い主が多いのが現状です。
犬の凶暴性に関しては様々な理由がありますが、その一つに飼い主との関係があります。
そういった飼い主様は複雑な心理状況をお持ちです。正直、その方に何かを言ったら解決するというものではありません。(時に怒ったり注意すると、逆効果になることも・・・)

ココにコメントされている方々はとても意識が高い方ばかりで驚きました。
こんな飼い主様がもっと増えれば!と思って止みません。

今日は思わずこの記事にコメントしてしまいましたが、是非また伺わせてください。




YUKI さんへ

はじめまして。
コメントいただきありがとうございます。
私もruritaさんのブログでYUKIさんのブログの紹介があり、さっそくお邪魔させていただいてました。

この時はホント怖かったです。
この道路はミニチュアダックスやシーズーなど小型犬を連れた年配者が多いので、身体の小さい犬が襲われたら・・・お年寄りがそんな目に遭ったら・・・そんな思いで行動していました。
後でよくそこを通るシーズーの飼い主と話したところ、その犬は小型犬にはただ近づいてきて匂いを嗅ぐだけだったそうです。
大型犬が怖くて牙を向いてきたのかもしれません。

ここにコメントくださる方達の声に私も励まされ、教えられています。
世の中にはいろいろな飼い主がおりますが、一緒に暮らすワンコが幸せであることを願わずにはいられません。

またぜひお越しください。
私もまたお邪魔させてくださいね。
YUKIさんの「ペットロス」の話は、とっても勉強になりました。

Secre

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

アンディぽん太

Author:アンディぽん太
タロ ♂
ゴールデンレトリバー
2007年11月24日生まれ

いくつになったの

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。